Nakamura Ladies clinic Obstetrics & Gynecology

“ 妊娠中の予防接種 ”

妊娠中の方へも、不活化ワクチン(インフルエンザワクチンなど)は、一部を除き接種が推奨されております。
日本で使用される不活化ワクチンは、重篤な副作用は起こらないと考えられています。
一般的に妊娠中のすべての時期において安全であるとされており、妊娠中の接種は母のみならず、子ともにも有用と考えられております。

※接種の際に母子手帳をご持参下さい。
接種前に問診表記入、医師からの説明、相談を行ってからの接種となります。

国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センターのページへ