Nakamura Ladies clinic Obstetrics & Gynecology

“ 子宮の病気 ”

子宮の病気は、月経の状態や不正出血などの症状で気づくこともありますが、検診で定期的にチェックすることが大事です。

子宮頸がん検診

子宮の入り口付近の頸部に発生するがんが、子宮頸がんです。
性交渉によりHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することが原因といわれています。30代~40代の人に多く見られ、最近では20代にも増えています。

検診は、子宮頸部の表面の細胞を綿棒などで軽くこすり取る、とても簡単なものです。短時間ですみますし、痛みはほとんどありません。検診を受けたことがない人も、怖がらず気軽に受けてください。

当クリニックは羽生市指定の子宮がん検診施設です。

羽生市 各種検査やがん検診のページへ

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンはHPVのうち16型と18型のウイルスに対する抗体を作らせる「サーバリクス」、そして6型と11型を加えた「ガーダシル」という2種類のワクチンがあります。
子宮頸がんを予防するためには何よりも、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
それに合わせてワクチン接種をおこなえば、多くの子宮頸がんは予防できます。

羽生市では対象者に個別通知(無料券の配布)を行っています。

羽生市 任意予防接種のページへ