Nakamura Ladies clinic Obstetrics & Gynecology

“ 不妊症外来 ”

不妊の原因はさまざまで、一つだけの場合と、複数の原因が重なって妊娠しない場合があります。子供が欲しいがなかなか妊娠しないようなら早めに受診することをお勧めします。
不妊症の検査及び治療には、夫の検査及び協力が不可欠です。できれば最初は、ご夫婦揃って診察を受けていただくことをお勧めいたします。

不妊症の治療

現在不妊治療は、一般不妊症治療と高度生殖医療とに大別されます。一般不妊症治療は、タイミング法や人工授精が該当します。そして高度生殖医療は、体外受精や顕微授精が該当します。これは日本においても世界においても、最高度の不妊症治療法として位置づけられております。
当クリニックは、日本産科婦人科学会の体外受精・顕微授精・凍結解凍胚移植の臨床実施に関する登録施設であり、その実施に当たっては、不妊症治療に造詣の深い医師及び胚培養士が対応いたします。顕微授精では、紡錘体観察可能な顕微鏡を有し、最適な部位及び最適な時期での実施を心掛けております。
何か不明な点、疑問な点があれば、お気軽におたずねください。

日本産科婦人科学会 登録施設一覧 [埼玉県] のページへ

費用について

原則として、全て自費診療となります。

排卵数0では、消耗品代のみで5万円弱
排卵数1以上で、採卵、培養費用15万円+α(入院費など)
顕微授精では5万円追加
胚移植時に約5万円
胚凍結保存時に5万円(保存期間中の費用はかかりません)
融解胚移植時に5万円

※排卵誘発剤などの外来通院分は含まれておりません。

不妊治療助成事業

なお所得制限などの条件を満たせば、不妊治療助成事業の対象となります。

埼玉県 不妊治療費助成事業のページへ 羽生市 不妊治療助成事業のページへ